一瞬でワードプレスのローカル環境を作る「Local」WordPressをサーバー無しで使用!WPを試したい人にもおすすめ!

一瞬でワードプレスのローカル環境を作る「Local」WordPressをサーバー無しで使用!WPを試したい人にもおすすめ!

まとめ

・Localをダウンロードインストール

・バックアップでローカル環境とオフライン環境を同期

WordPressとは?

サイトを作るときに超便利なツール「WordPress」

たいていワードプレスはWebサーバーにインストールしインターネットにアクセスして使うんですけど、

今回はPC上にインストールしてオフライン(インターネットに接続していない状態)でサイトを開発する方法の解説です。

ワードプレスは本来サイト作りに必要なHTMLやCSS,JavaScriptやPHPというプログラム言語の知識なしにサイトを作ることができるツールです。

はっきりいって

めちゃくちゃ便利です

これなしにサイトを作るとかもう考えられなくなります。

初めてサイトを作る方もWordPressを使えば簡単に超本格的なサイトを作ることができます。

詳しくWordPressについて知りたい方はこちらをどうぞ

なぜローカル環境?メリットは?

ワードプレスをローカル環境で開発するとネット上に公開しないので好き勝手試行錯誤してもサイトの読者に全く迷惑が掛かりません。

しかもネット環境がなくても作業が可能です。

まぁメリットは人それぞれですよね。

僕の場合ネット環境がなくても作業可能なんで飛行機乗ったときや図書かにゃカフェでの作業に便利だなってことで導入しています。

あとは例えばサーバーを所有・契約していない人がワードプレスを試して見たいときなんかも無料で簡単にできるのもメリットじゃないでしょうか?

ほかにも、社内Wikiや非公開日記などに使用している例があるそうです。

Local環境の作り方

ワードプレスのローカル環境は結構いろんなツールがあるんですが僕は「Local」というソフトを利用しています。

サクッとダウンロードしてインストールしちゃってください。

インストール完了後起動したら「CREATE NEW SITE」

簡単なセットアップがあります。

作成できたら設定したサーバー情報が出てくると思います。右上の[ADMIN]をクリックするとブラウザが開きWordPressのログイン画面が出ます。

ワードプレスはサイトの開発にブラウザを使用します。ブラウザはインターネットに接続してWEbを見るだけのものではないんです。

ログイン後は[Setting→language→日本語]で日本語に変更可能です。

ローカル環境とオンライン環境の同期

さてすでにウェブサイトを運営していてデザインなどを変更しようとローカル環境を作ってカスタマイズしたいとお考えのあなた。

方法は簡単ですよ。

たいていの人はバックアッププラグインを導入していると思うので同じプラグインをローカル環境にもインストールしバックアップデータをインポートするだけです。

僕は「All-in-One WP Migration」というプラグインでバックアップを取っています。

エクスポートでサイトのデータをダウンロードしバックアップを取ることができ

インポートでバックアップデータをインポートすることができます。

めっちゃ簡単で便利なのでおススメです。

これでローカル環境とオンライン環境で更新や変更を簡単に連動させることができます。

なぜこの記事を書いたか

ローカル環境があると非常に便利なので紹介しました。

それとローカル環境があると頻繁にバックアップを取る習慣ができるのでそれもまたいい効果です。

いろんなことを試して挑戦するきっかけになればと思います。

WordPressカテゴリの最新記事