予防医学について。予防ですべきこと。健康について考え始めるならこれから始めよう。

予防医学について。予防ですべきこと。健康について考え始めるならこれから始めよう。

まとめ

・予防医学とは病気にかからないようにするための予防の医学。予防医学を学ぼう

・病気にかかってからの対策(がん保険など)よりかかる前の対策(予防や検診)をするべき

・病気にかかるより予防したほうが楽だし経済的

健康について考えるのは早ければ早いほどいいとよく言われます。

なので自分も考えてみたのです。

なにから考えるかってやっぱ「食事」や「睡眠」、「運動」、「生活習慣」に着目することが多いですよね。

これらの事って病気にかからないための行動なんですよね。

そこで病気にかからない為に必要な行動「予防」についての医学があります。

今回は予防についてまとめていこうと思います。

予防医学とは

様々な情報元から予防について解説しています。

僕は一言でまとめると

病気にかからないための医学

と、解釈しています。

予防医療普及協会は予防についてこう掲載しています。

詳しくはこちら

予防医学のアンファーは

「ミライ」をポジティブに変えること

とまとめています。

詳しくはこちら

Wikipediaでは僕と同じく「病気にかからないための医学」とまとめています。

詳しくはこちら

予防医学を学ぼう

1,一般財団法人日本予防医学協会が発行している無料メールマガジン「健康づくりかわら版」はおすすめです。

2,予防医療普及協会が掲載しているコラムも面白いです。

3,予防医学のアンファーの体エイジング。様々な体の症状についてや予防策についての記事がたくさんまとめてあります。

4,ホリエモンの著書もおすすめ。

予防でするべきこと

情報がなければ無駄死にします。

まずは自分の体の状態を知るべきです。

そのために健康診断・人間ドック・歯医者に行くべきです。

健康であればそれでいいし、病気が見つかれば早く見つかったと喜びましょう。

そして定期的に言って自分の体についての情報を集めましょう。

些細な変化が見つけられ予防につながります。

予防すればかからなくていい病気にかかり医療費を「無駄遣い」しなくて済み経済的です。

病院に行くのが面倒。でも健康が気になるという人もいると思いますが生活習慣を変えようと努力するよりとりあえず検診に行くほうが楽でいいでしょう。

それに胃がんなどの99%はピロリ菌が原因、肝がんは肝炎ウイルス、子宮頸がんはヒトパピローマウイルス「全体の25%のがんは感染」

これらの原因菌に感染しているかどうかも病院に行けば分かり治療が出来ます。

ちなみに歯周病も菌による「感染症」

歯周病は歯が抜け、あごの骨が溶け、菌が全身に回ると糖尿病や脳内の動脈瘤破裂(くも膜下出血)などを引き起こします。

結構恐ろしい歯周病も歯医者の検診に行けばほぼ予防できます。

なぜこの記事を書いたか

健康に対する考えのキッカケになればいいなと思います。

無駄に病気に悩まなくていいよう予防に意識を傾けることを広めれればなと思います。

ゲームカテゴリの最新記事