加熱式タバコ「iQos(アイコス)」と「glo(グロー)」を比べた結果

加熱式タバコ「iQos(アイコス)」と「glo(グロー)」を比べた結果

-加熱式タバコ「iQos(アイコス)」と「glo(グロー)」を比べた結果 まとめ

・コスパ的には圧倒的glo(グロー)の勝利

・しかもニオイもiQosより気にならない

・glo(グロー)めっちゃいい!!

加熱式タバコとは

簡単に説明すると普通の紙式タバコと比べると害が少なくて副流煙も少なくてニオイも気になりにくい!
という利点だらけの画期的ないいタバコです。

マイナス面で言うと充電がなくなったら吸えないので充電機は持ち運ぶべきですね。
あとは映画などで見たあのかっこいいタバコ!
みたいなイメージは全くありません。笑

iQos(アイコス)」と「glo(グロー)」の違い

一つ目はiQosは本体と充電部分が別々になります。
吸うときは充電部分から本体を取り外して使います。
それに比べてgloは本体と充電部分が一体化しているので、取り外したりする必要はありません。

この画像を見てもらったら一目瞭然ですね。

次に連続で吸えるかどうかの違いです。
iQosは1本吸うと少し時間を取らないと2本目は吸えませんが、
gloは連続で2本目も吸えます!
これはiQosユーザーからしたら乗り換えポイントではないでしょうか?

次は値段の違いです。
やはりタバコにかけるお金はなるべく少ない方がいいでしょう。
amazonのリンクを見てみるとiQosの約半額でgloが買えてしまいます。
[amazon_link asins=’B06WVJXK9X,B0166U34DC’ template=’ProductCarousel’ store=’jhowto-22′ marketplace=’JP’ link_id=’8f906903-0c21-11e8-b5ad-e530e4438509′]

タバコ1箱あたりの値段も
・iQos 460円
・glo 420円
と一箱あたり40円の差が出ています。

ここもglo乗り換えをオススメできるポイントですね。
長い目で見るとだいぶん節約できます。

しかし、iQosの方が加熱時間が約6分あるのに対してgloは約3分です。
それでもgloは価格的にもやはりオススメできる加熱式タバコですね。

あとiQos特有の鼻にツンとくるニオイも軽減されていて僕的にはiQosよりも吸いやすかったです。

加熱式タバコはなぜ害が少ないのか

iQosもgloもなぜ害が少ないのか。
疑問に思って少し調べてみたら「燃やさないから」らしいです。
加熱式タバコですからね。笑
意外と簡単な答えでした。

なぜこの記事を書いたか

iQosとgloを比べた結果gloは加熱式たばこでもiQosよりもいい点が多くていろんな人にオススメできる商品です。
禁煙を考えている方やニオイや歯の変色などやはりタバコを吸っていると悩みはあると思うのでそう言った悩みのある方にぜひ一度試してもらいたいです。

医療・健康カテゴリの最新記事