子どもたちが遊び続けられる無尽蔵のスタミナの正体が明らかに

子どもたちが遊び続けられる無尽蔵のスタミナの正体が明らかに

2chまとめ

【循環器】子どもたちが遊び続けられる無尽蔵のスタミナの正体が明らかに[04/26]

1: しじみ ★ 2018/04/27(金) 17:46:59.89 ID:CAP_USER
大人のような体力もないはずなのに、何時間も走り回って遊んでいる子どもの姿を見かけることがあります。
オーヴェルニュ大学のセバスチャン・ラーテル准教授らの研究では、
無尽蔵にも思える子どもたちのエネルギーの源は、
全国大会出場レベルの成人アスリート以上である持久力によって生み出されていることが示されています。

Frontiers | Metabolic and Fatigue Profiles Are Comparable Between Prepubertal Children and Well-Trained Adult Endurance Athletes | Physiology
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fphys.2018.00387/full

Children are as fit as endurance athletes — ScienceDaily
https://www.sciencedaily.com/releases/2018/04/180424083907.htm

子どものもつ回復力について研究チームは、
「子どもは疲れにくい筋肉を持つだけでなく、高い強度の運動から迅速に回復します。
その回復スピードは成人だけでなく、
普段から高い強度の運動を行っている成人のアスリートをも上回っている」としています。

ラーテル准教授らは過去の研究において、
「子どもたちは、普段運動をしない成人よりも疲労度が著しく低いため、
持久力が必要なスポーツをしているアスリート並の能力に匹敵する可能性があること」を示唆していましたが、
子どもたちの持久力が、本当に成人アスリート並かどうかを証明することはできていませんでした。

また、子どもの循環器系は大人ほど発達していないため、成人よりも早く疲れてしまう特徴があります。
このため、子どもたちが長距離を自力で移動するときは、一定距離ごとの休憩が必要です。
最終的には大人以上に休憩が必要となるため、決して身体能力そのものが高いわけではないことを示しています。

しかし、子どもたちは、強度の高い運動をこなしたとしても、
疲れにくい筋肉と疲労から回復する能力を有しているという特徴もあります。
そこで、研究チームは「この特徴が循環器系の能力の物理的制約を克服していること。
そして、この能力は成人のみならず、アスリートと同等以上のはずである」と考えて、
過去の研究で示すことができなかった課題を検証することにしました。

研究チームが行った実験では、「8歳~12歳の健康的な男の子(少年グループ)」12人、
「19歳~23歳の普段運動をしない男子大学生(大学生グループ)」12人、
「19歳~27歳のアスリートの男性(アスリートグループ)」13人の被験者が集められました。
なお、アスリートグループに所属する男性は、陸上の長距離ランナー、トライアスロン、サイクリストが集められ、
いずれも全国大会出場レベルの選手が集められました。
各グループは、エアロバイクを用いて「有酸素運動」と「無酸素運動」の試験を行い、
参加者の「心拍数」「血中酸素濃度」「乳酸塩除去率」をチェックし、運動中にどの程度疲労し、
運動後にどの程度迅速に回復したかを調査しています

すると、疲労度の観点では、普段から運動をしていない大学生グループが最も疲労するという結果となりました。
また、少年グループはアスリートグループと同等の疲労度であることが確認されています。
そして、運動後に心拍数が正常に戻り、乳酸塩が血液から取り除かれるまでの回復速度を調べると、
少年グループが1位となり、アスリートグループを上回る結果となりました。

ラーテル准教授は「子どもたちは、マラソンランナーのように好気的代謝を多用していたため、
強度の高い運動を行っている間の疲労が少なくなりました。
また、心拍数の回復と血中の乳酸塩の除去能力も高いことが明らかとなり、アスリートよりも高い回復力を有していることが明らかになりました」と語っています。

「この高い持久力こそが、子どもたちが長時間遊び続けられる理由かもしれない」とラーテル准教授は述べています。

関連ソース画像
https://i.gzn.jp/img/2018/04/26/kids-muscles-like-endurance-athletes/00_m.jpg

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20180426-kids-muscles-like-endurance-athletes/



2: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/04/27(金) 17:48:45.31 ID:b94NIbSG
今更何言ってんだ

3: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/04/27(金) 17:48:47.86 ID:jZXH3qvn
すげー良く寝るけどなww

4: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/04/27(金) 17:51:07.50 ID:LytBgTRH
近くに来ると熱いよな。頭も臭いし。

5: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/04/27(金) 18:03:44.01 ID:uVoNw1xN
毎日走ってる点でマラソンランナーと同じ運動習慣なんだろに

6: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/04/27(金) 18:06:38.10 ID:Xs8RkZW8
大人も好気的代謝を多用すれば遊び続けられるから多用しろ

8: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/04/27(金) 18:12:26.48 ID:2YTHl7w2
好気的代謝って何?
ググっても意味分からん!

9: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/04/27(金) 18:15:29.19 ID:uXnnf6mI
体重が軽いからなんじゃないの?

単位体積あたりの筋肉量は、アスリート並みだけど、運動に消費するエネルギー
の絶対値がアスリートより小さいから有利なのでは?

14: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/04/27(金) 18:33:10.61 ID:0e0GxGaq
>>9
子供って割と高い所から落ちても平気なのと似てるな
大人なら骨折する所でも

15: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/04/27(金) 18:36:22.52 ID:Z5RJnFw+
身長低い人って
飛び跳ねる運動が楽そうで羨まし、、
くはないけどさ

16: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/04/27(金) 18:39:28.19 ID:nt/Wh6Yv
個人的には循環規模が小さいからだと思う
システムが小さいことは良い事なんだよ
ヒトはちょっと手足長いよね

19: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/04/27(金) 19:21:57.97 ID:nsiGqqt3
身長が大人の半分の子供を想定すると、食べ物は1/8でいいような気がするが
実際には1/3から1/2くらい。なにか関係ありそうだ

23: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/04/27(金) 19:56:02.47 ID:vs/rI3Oj
無尽蔵の好奇心にも言及して欲しい

奴らは好奇心の天才だわ

27: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/04/27(金) 20:46:42.52 ID:6+jG02pv
大人になってから縄跳びをすると
子供の頃より明らかに跳べない
ブランクとかとは違った次元を感じる

42: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/04/28(土) 00:27:10.28 ID:iJKDHoKX
だから何なのだ?

子供並みの回復力を、大人にも実現させる方法の足掛かりでもつかめたのか?

そこが、一番大事な点だろ‼(*`Д´)ノ!!!

科学カテゴリの最新記事