携帯大手3社がLINE対抗!?今更感が否めない。

携帯大手3社がLINE対抗!?今更感が否めない。

サービス内容

[サービス名] – +メッセージ
[プラットフォーム] – Android・iOS(iOSは準備が出来次第提供)ドコモ・au・ソフトバンク
[配信時期] – 2018/05/09 配信開始予定

特徴・出来る事

何と言っても電話番号だけで画像や動画スタンプのやり取りができるようになります。
これは大手3社の強みですね。
しかしLINEは18歳以上であったらIDでの交換や同じ場所にいたら携帯を振って友達に追加する機能などもあるため、電話番号でメッセージのやり取りができると言ってもLINEのIDの方が手軽な気もしてしまいます。

さらに携帯3キャリア間のユーザーであれば、文字数を気にすることなく、携帯電話番号宛にチャット形式でメッセージや写真、動画を送受信可能。LINEのような専用スタンプやグループチャット、音声メッセージ、位置情報、添付ファイルの送受信(最大100MB)などの機能も備えます。

とこれはLINEでできる事です。
さらに調べてみたところLINEの添付ファイルの容量は無制限なのでどちらかと言うとLINEの方が便利な気がします。

従来のSMSの場合、やりとりできるのは全角70文字のテキストと絵文字に限られていました。「+メッセージ」はSMSの大幅拡張版という位置づけで、GSMAで世界的に標準化されているRCSにも準拠しています。利用料金はパケット通信料のみ。

仮にLINE対抗という話じゃなければSMSが大幅拡張はありがたい話ですが、昨今SMSでのメッセージのやり取りがそんなに行われているようには思えません。
やはりLINEユーザーはLINEを使うでしょう。

LINEへの対抗意図

LINEへの対抗意図についてNTTドコモの藤間氏は『対抗というよりは、SMSの正当進化』と、表面上は否定しつつも、他社のメッセージアプリと比べた優位性について次のように語ります。

「(+メッセージは)現在のSMSと同様に、IDやパスワードの登録不要で電話番号だけで簡単にやりとりできます。電話番号はIDのように簡単に登録して得られるものではありません。本人確認をし、契約することで初めて交付されます。したがって、なりすましのリスクが低く、安心してメッセージをやりとりできます。連絡先のデータ、これをサーバーに保存することもありません」(藤間氏)

なお、格安SIM(MVNO)やサブブランド(UQmobileやワイモバイル)には非対応。格安SIMを排除する意図はなく、業者からの要望を聞きながら、オープンに対応を検討するとしています。

とのことなので、もしかしたら格安SIMなどでも対応できる日が来るかも知れません。

将来的には、「企業からユーザーにお知らせや各種手続きなどを案内する」といった、企業対個人のやりとりにも対応する総合的なコミュニケーションプラットフォームに拡張予定としています。

5月9日のサービス開始時点で「+メッセージ」を利用できるのはドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアのみ。各社夏モデル以降のAndroidスマートフォンに同アプリをプリインストールするほか、Google Play、およびApp Storeにて同アプリを配信します。なお、相手方に「+メッセージ」アプリがインストールされていない場合、従来のSMSでの送受信となります。

コラムカテゴリの最新記事