超わかりやすい4つのフリー動画編集ソフト比較解説動画

超わかりやすい4つのフリー動画編集ソフト比較解説動画

動画編集をするにあたり、数多くあるソフトからどれを使えば良いか迷ってしまいます。

ここでは、初心者におすすめできる無料の動画編集ソフトを4つ紹介します。

①AviUtl。
 無料の動画編集ソフトとしては、一番目にあげられるくらい有名な高機能動画編集ソフトで、多くの動画編集愛好家が使っています。
 操作画面はシンプルですが、基本的な動画編集はこれ1本だけですべてできてしまいます。拡張性が高く、充実したプラグインによってさまざまな機能を追加できるのも大きな特徴です。
動画のカット、連結、回転、フィルター、色調・音声の補正、特殊効果やトランジション効果などの基本機能や、タイムライン機能もあります。動画形式は、AVI以外はプラグインで対応できます。
 ただ、高機能な反面、設定できる項目が多いのでAviUtl操作に慣れるまでは動画の制作に時間がかかります。また、機能を増やすには、プラグインを自分で導入する必要があります。初心者の方は少し「取っつきにくい」と感じるかも知れませんね。

②Windows Movie Maker
 Windows Movie Makerは、Microsoftが提供する動画編集ソフトです。Windows Vistaまでは標準で搭載されていましたが、Windows 10でも利用できます。インターフェースが分かりやすいので、動画編集の経験が少ない人でも編集が手軽に楽しめます。
基本的な機能はすべて揃っているので、簡単な動画編集であれば、あっという間に完成するでしょう。
 タイムライン機能もあり、動画のカット、トリム、連結、回転のほか、特殊効果やトランジション効果も付加することが可能です。しかし、ピクチャー イン ピクチャー機能はなく、対応している動画形式は、MP4とWMVだけです。

③Avidemux
 Avidemuxは、AviUtlに近い動画編集ソフトです。インターフェースはシンプルですが、操作はAviUtlよりわかりやすいでしょう。
動画のカット、連結、回転、フィルター、色調・音声の補正、字幕の挿入など機能のほか、簡また簡単な特殊効果も利用でき、ほとんどの動画形式に対応していますが、タイムライン機能はありません。
 もともと提供されているのは英語版だけですが、有志が作成した言語ファイルを使えば、日本語で使うこともできます。

④Filmora
WondershareのFilmoraは、初級・中級者向けの動画編集ソフトです。Windows版とMac版があり、直感的で使いやすい操作画面で、こだわりの動画が誰でも楽しく作れる仕様になっています。
フィモーラには、おまかせ編集の「簡単編集モード」、いろいろな編集ができる「高度編集モード」の2つがあり、高度編集モードを使えば、トリム、クロップ、回転、速度や色調の調整ができます。
テーマごとに分類されていて使いやすいモーションエレメント、フィルター、オーバレイなどの編集素材は、フィモーラのプラグインとして定期的に更新されており、エフェクトストアから購入して、ソフトウェアに追加していくことができます。

画面分割、字幕テロップ、グリーン スクリーン、ピクチャー イン ピクチャーなどの機能もあって、本格的な動画編集が手軽に楽しめます。MP4からGIFまでほとんどの動画形式に対応しています。

Filmoraは有料ソフトですが、1万円以下とお手ごろな価格で購入できます。無料体験版もあるので、まず使い心地を試してみると良いかもしれませんね。

以上初心者向け動画編集フリーソフトを紹介でした。
みなさんも自分に合った動画編集ソフトを見つけてくださいね。

動画情報

[ 言語 ] – 日本語
[ 名前 ] – 動画編集フリーソフト4選|初心者にオススメ
[ 公開日時 ] – 2017/04/21
[プラットフォーム] – Youtube

動画説明

動画無料視聴

もっと動画編集ソフトについて知りたい方はこちらをどうぞ

【2018年版】動画編集ソフト – 動画編集がフリーでできるソフト10選

動画編集ソフトまとめ。動画編集 フリーソフトのおすすめ10本をご紹介します。撮り貯めた動画データを使って一本の動画作品に作成するというケースはよくあります。そんな時には、動画編集ソフトでおすすめされているもののフリー版(無料体験版等含む)でまずは作業をしてみると安心です。

ムービーカテゴリの最新記事